廃車にする前に

走行距離がかさんだ車は廃車にする前に

走行距離がかさんでしまった車に乗っていると、いつ手放そうかと悩んでしまうものですよね。
特に10万キロを超えたものになると、後どれだけ乗ることができるのだろうかと考えて、車検の度にもう一度車検を通すべきかどうか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

このような車は売るにしても、買取をしてもらえないことも多く廃車にするしか無いということが多々あるものです。

そのため、ギリギリまで乗って廃車にしようと考えている人も多くいるのですが、実際には日本の車というのはとても堅牢にできているため10万キロ程度ではまだまだ乗り続けることができ、消耗品を交換するだけで再び10万キロを走行することも難しいことではないのです。

それではなぜ10万キロを超えると、日本では寿命のように考えられているのかというとまず第一に車としての価値がなくなってしまうことにあります。
いくら10万キロ程度では問題無いと言っても、多くの人が10万キロで車が寿命だと思っているのであれば、車を売るにしても買い手がいないため値段がつきません。

値段がつかなければいくら問題がなくも、車としての価値はないといえるのです。

次に堅牢な日本車といえども10万キロともなると各消耗部品の交換時期に入ってくるのですが、この部品をすべて交換するとなると数十万円という費用がかかってしまうことになります。

日本では数十万円もあれば状態の良い車を購入することもそれほど難しいことではないため、わざわざ距離がかさんだ車にお金をかけて修理をして乗り続けなくとも、そのような状態の良い車に乗り換えれば済むだけの話なのです。

そのため、日本では距離のかさんだ車というのはとたんに価値が落ちてしまい、買取店に持ち込んでも値段がつかないということがよくあるのです。
しかし、日本で人気のない車であっても海外となれば話は別で、日本以外の多くの国では車を何十万キロと乗るため、10万キロ程度の走行距離では全く

マイナスになるようなものではないのです。

そして信頼性の高い日本車というのは世界中で人気であるため、そのような海外での販売ルートを持っている業者であれば、廃車にするしかないような車であっても買取をしてもらうことができるのです。

そのため、距離もかさんでお金を払って廃車にしようと思っている車があったら、廃車にするような車であっても買取をしてくれる業者はあるのでそのような所に持ち込むと廃車の費用を節約し、更にはお金に変えることができるのです。