還付金がある場合

廃車にするとどのような還付金が

車を廃車にすると還付金が戻ってくる場合がありますので必ず手続きをしなければいけません。
まず還付されるのは税金です、必ず車は税金を支払っていますが一度にまとめて支払いをするものです。

こちらの場合は手続きの必要はありませんが、4月1日の時点で車を持っている人にかかる税金ですのでもしも3月に廃車にした場合には戻ってきませんので注意してください。

それ以外の月の場合にはもう税金を支払っていれば還付されます。
軽自動車の場合は元々税金が少ないですので還付されることはありません。

その他の還付金としては強制保険の還付があります。こちらも車を持っている人であれば必ず入らなければいけない保険です。
まとめて複数月分を支払っていますので支払いすぎた分に関しては返却されます。

自動車税の場合とは違い、廃車にしたときに自動的に還付されるものではありませんので手続きを行ってください。
廃車にしてくれる業者の方でしてくれる場合もあります。自分でする場合には手続きの用紙などをもらってこなければいけませんが、必ず廃車 にしたという証明が必要になるのでもらってきてください。

この場合に気を付けるべきことは業者に依頼しますとすぐに還付の手続きをしてもらえない場合があるという点です。
そのせいでもらえる還付金の額が減ってしまうこともあります。

たった一か月分程度の違いですのでそう大きなものではありませんが少しでも多く還付してもらいたい場合には気を付けてください。
その他にも任意保険に入っている方は任意保険の解約をして還付してもらうことも大事です。こちらもまとめて支払うことが多いですので払いすぎた分に関しては還付してもらえます。

任意保険の場合はそれぞれ契約している保険会社の方に通達をしてください。
コールセンターが大体ありますのでそこで還付の仕方を聞けば教えてもらえます。

また新しいクルマを購入して同じ保険会社に入る場合でも還付してもらわなければいけません。還付してもらわずに次の保険の契約の時の保険料に充てるということはできないのです。
契約の手続きは面倒な部分もあるかもしれませんが、もらえるものはもらってください。

そして還付の申請には期限がありますので気を付けてください。任意保険の場合はその保険会社によって期限に違いがありますので確かめておくといいでしょう。
還付金は大型の車であればかなりの額になることもあります。決して無視できません。